【悲報】チケット不正転売禁止法が施行されるも、高額転売の歯止めは・・・

 昨今ニュースを騒がせているチケット転売。これを防止する法律が既に施行されていることは、多くの方がご存知であろう。この法律は昨年12月14日に公布され、つい先日の6月14日に施行された。しかしながら、残念なことにオークションサイトや転売サイトへの出品が後を絶たないようだ。

やきうもw

何をしたらアウト?

文化庁のサイトの条文には、なにやらごちゃごちゃしたことが書いているが、要するに定価以上で売ったらアウトだ。もう少し詳しく書くと…

特定興行入場券

 チケットに「譲渡禁止」と書かれているやつ。日時や座席が指定されていて、購入者の名前や連絡先が書かれているものがそう。ライブや舞台などのチケットがそれにあたる。

業として行う販売価格を超える有償譲渡

 定価以上に販売してるのをビジネスにしてる。そう、頻繁にしてる奴らのことだ。

罰則

 1年以下の懲役または100万円以下の罰金だ。業としてやってる奴らにとっては、この程度であれば甘いような気がするがw 初犯ならば懲役はまず無いと思うし^^;

もし急用や急病で行けない場合は転売できる?

それはOK。定価かそれ以下で譲っていればね。

チケット不正転売防止法

詳しい条文についてはこちらの文化庁HPをご参照あれ

管理人からひとこと

 一番いいのはネット上での転売を見つけたら、多くの人が通報すること。会場前でのダフ屋行為をしてる人がいたら、警察に通報すること。そして、絶対に高額で転売されてるチケットは買わないことだ。買ってしまったがために、警察に事情を訊かれるだけでも嫌な気分になるでしょ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました