戦国の古文書解読よく出る語彙・単語編 五十音順「な」~「ほ」

5.0
この記事は約13分で読めます。

 戦国時代の古文書で、非常によく出る語彙のみを選出しまとめました。
今後もさらに加筆する予定です。

  1. 「な」行
      1. 名請人・・・なうけにん・みょううけにん
      2. 乍・・・ながら
      3. 就中・・・なかんずく
      4. 長橋局・・・ながはしのつぼね
      5. 依無・・・なきにより
      6. 無・・・なし・ない・なき
      7. 納所・・・なっしょ
      8. 等・抔・・・など
      9. 何分・・・なにぶん
      10. 名主・・・なぬし、みょうしゅ
      11. 并・・・ならびに
      12. 也・・・なり・や
      13. 成・・・なる
      1. 于・・・に
      2. 仁・・・に、じん
      3. 廿、〹・・・にじゅう
      4. 女房奉書・・・にょうぼうほうしょ
      1. 抽而、抽・・・ぬきんじて
      1. 之儀、之条・・・のぎ、のじょう
      2. 耳、而已・・・のみ
  2. 「は」行
      1. 者・・・は・もの
      2. 買得(徳)・・・ばいとく
      3. 励・・・はげむ・はげみ
      4. 為始・・・はじめとして
      5. 動、働・・・はたらく
      6. 八木・・・はちぼく
      7. 太、甚・・・はなはだ
      8. 甚以・・・はなはだもって
      9. 判物・・・はんもつ
      1. 被閲・・・ひえつ
      2. 被官人・・・ひかんにん
      3. 疋・・・ひき、ひつ、き
      4. 飛脚・・・ひきゃく
      5. 比興・非興・・・ひきょう
      6. 披見・・・ひけん
      7. 畢竟・・・ひっきょう
      8. 必定・・・ひつじょう
      9. 人返・・・ひとがえし
      10. 一廉・一角・・・ひとかど
      11. 人々御中・・・ひとびとおんちゅう
      12. 非分・・・ひぶん
      13. 百姓・・・ひゃくしょう
      14. 無比類・・・ひるいなき・ひるいなし
      15. 披露状・・・ひろうじょう
      1. 賦課・・・ふか
      2. 不可説・・・ふかせつ
      3. 不日・・・ふじつ
      4. 不実・・・ふじつ
      5. 扶助・・・ふじょ
      6. 不断・・・ふだん
      7. 扶持・・・ふち
      8. 不知行・・・ふちぎょう
      9. 不忠・・・ふちゅう
      10. 染筆・・・ふでをそめ
      11. 抛筆・・・ふでをなげうつ・ふでをなげうち
      12. 不図、与風、浮図・・・ふと
      13. 不人数・無人衆・・・ふにんずう・ぶにんしゅう
      14. 無人・・・ぶにん
      15. 夫丸・・・ぶまる
      16. 賦役・夫役・・・ぶやく
      17. 粉骨・・・ふんこつ
      1. 平均・・・へいきん
      2. 可・・・べく・べき
      3. 別儀・・・べつぎ
      4. 別而・・・べっして
      1. 奉公・・・ほうこう
      2. 奉書・・・ほうしょ
      3. 鉾楯・・・ほこたて

「な」行

名請人・・・なうけにん・みょううけにん

 ※名請人・・・みょううけにん」の項を参照のこと

乍・・・ながら

(意味)~しながら。~なのに。等

 (備考)汎用性が高い為、頻繁に出現する。「乍去さりながら」とのセットも多い。

就中・・・なかんずく

(意味)その中でも。とりわけ。

長橋局・・・ながはしのつぼね

(意味)宮中女官の四等官のうち、掌侍ないのしょうの第一位の者で、天皇への取次や天皇の意思伝達を役目とした。
勾当内侍(こうとうのないし)のこと。

依無・・・なきにより

(意味)無しということで

 (備考)(因)っての否定形。

無・・・なし・ない・なき

(意味)無い

納所・・・なっしょ

(意味)年貢などを納めること。またはその場所・役人を指す。

等・抔・・・など

(意味)~など

 (備考)例文をあげると


去程に、常々奥方抔(など)のことをば争(いかで)か存知候べき、縦令(たとい)ば表なりとも我と見ざること多かりけれ。

(さて、常日頃、奥方などのことを如何に伺い知ることができようか。 
例え表向きのことであっても、見えないことが多いだろう。 )

   政宗記「政宗一代之行儀」より

何分・・・なにぶん

(意味) どうか。なにとぞ。 何といっても。

名主・・・なぬし、みょうしゅ

(意味)”なぬし”の場合は江戸時代における町役人みたいな感じ。村方三役の一つ。”みょうしゅ”の場合は、平たくいうと田畠の所有者。オーナーとして自分は管理をして、小作人に働かせるのもまた名主。

并・・・ならびに

(意味)並列、および

也・・・なり・や

(意味)文末に使う時には断定を意味する。「~べきや」の場合は”~するはずだ”。
室町期から戦国時代末期にかけて、官職の高い権力者が「候也(そうろうなり)」で文章を締める傾向があった。

 (備考)俳句の世界でも「なり」や「けり」は強い断定を指す。

成・・・なる

(意味)物事が出来上がる、実現する、成就する。または今までと違った形になる等

于・・・に

(意味)~に
 (備考)「于今いまに」で用いられることが多い。
例文として下記の文のように用いられることも多い。


仍景虎至野澤之湯進陣
 (仍って景虎野澤の湯に至りて陣を進め)

   『市河文書(武田信玄発給文書)』

仁・・・に、じん

(意味)人、御仁ごじん。あるいは「~に」

廿、〹・・・にじゅう

(意味)20

 (備考)「廿匁」や「廿俵」など、昔は普通にこの漢字が使われた。ちなみに10は拾。30は卅(丗)

女房奉書・・・にょうぼうほうしょ

(意味)天皇側近の女官が、天皇の意志を奉じて発給した仮名書きの文書。
正確には、蔵人くろうどが伝える綸旨(りんじ)と同様、天皇のそば近く仕える女官が、天皇の意思を覚書として記したもので、本来は口頭で伝えられる内容であった。

 (備考)奉じるのが女官である点は古代の内侍宣をないしせん引き継ぐものであるが、それが綸旨に取って変わられたのち、女房奉書が文書として下付されるようになるのは鎌倉時代中期ごろのこと。
戦国時代のころには綸旨に代わり、天皇の意思を伝える文書として通常のものとなっていた。
参考:『史料を読み解く1 中世文書の流れ(山川出版社)』・『室町・戦国時代の法の世界(吉川弘文館)』など

関連記事:初級・戦国時代の女房奉書を読んでみよう!

抽而、抽・・・ぬきんじて

(意味)とびぬけて
 (備考)「可抽忠節事肝要候」=”忠節抜きんでるべき事肝要に候”などがよく出る表現である。

今のところなし。出てきましたらこっそり追加します。

之儀、之条・・・のぎ、のじょう

(意味)~の件

耳、而已・・・のみ

(意味)~だけ、~に限り

 (備考)「而已」は現在の中国でも用いられているようだが意味は違う。

「は」行

者・・・は・もの

(意味)~は(助詞)

買得(徳)・・・ばいとく

(意味)戦国時代において、多くは家臣が私的に売買で購入した土地のことを買得(徳)地と呼ぶ。

励・・・はげむ・はげみ

(意味)心をふるいおこして、つとめる。精を出す。

 (備考)「可相励」は”あいはげむべく”

為始・・・はじめとして

(意味)まずはじめに、~をはじめとして

動、働・・・はたらく

(意味)単に働くという意味と、従軍、行軍あるいは戦闘をするという意味もある。

八木・・・はちぼく

(意味)米のこと。

 (備考)由来は米の字を分解すると八と木になるところから。

太、甚・・・はなはだ

(意味)普通の程度を越えていること、はなはだしいこと。

 (備考)これ一字ではなはだと読む。

甚以・・・はなはだもって

(意味)たいへん。非常に。

 (備考)はなたばもってではない。

判物・・・はんもつ

(意味)直状(じきじょう)形式の文書の一種として、発給者の花押(かおう)が捺されている文書のこと。
戦国時代以降、判物は特別視されるようになり、発給者が相手を丁重に扱った証として見ることもできる。
もとは書下(かきくだし)と同じような意味合いであったが、戦国時代以降、守護や大名の発給した直状(じきじょう)は判物と呼ばれるようになった。

(備考)
鎌倉時代以降、守護以下の武士が家務の執行のために下位者に出す直状形式の文書を書下かきくだしと呼んだ。
書下は下知状(げちじょう)の様式が加味されたもので、直状形式であるという点で奉書(ほうしょ)と区別される。
書状と書下(かきくだし)との違いは、書状は私的な意味合いであるのに対し、書下は執務に関わるものであるという点である。
しかしながら、時代が進むにつれてその区別をつけるのが難しくなった。

南北朝以降、将軍から自立する傾向にあった守護大名が、単に将軍の命令を伝達するだけでなく、自らの所領へ下知を行うようになるにつれて、書下はますます重要な意義を持つようになった。
さらに戦国時代に入ると守護や大名の発給した直状は、直書または判物と呼ばれるようになった。
さらに発給者やその家独自の印判を花押のかわりに据えた印判状(いんばんじょう)が生まれ、それまでの書下の機能の多くが印判状に吸収されるようになった。
つまり、判物は印判状と区別して特別視されるようになったのである。
江戸時代に入ると判物と印判状はさらに明確な違いが生まれるようになった。
一般家臣の知行宛行状(ちぎょうあてがいじょう)は黒印であるのに対し、家老に対しては花押を据えた判物が使用される傾向にあった。
※本項の大部分は 瀬野精一郎(2018)『花押・印章図典』吉川弘文館 を参照

被閲・・・ひえつ

(意味)先方からの書簡を拝見したこと。
書状を読んだこと。

 (備考)披見(ひけん)と同じ意。

被官人・・・ひかんにん

(意味)武家や寺社の家臣・奉公人。または官吏の私的な使用人。

疋・・・ひき、ひつ、き

(意味)中世日本のお金の単位の一つ。
100疋=1貫文とする見解が一般的。
古くは10文を指し、江戸時代には25文を指した。
しかし、『徒然草』には1疋=30文とあるので、本当に地域や時代によってばらばらのようだ。
単に動物の1匹2匹の意味で疋が用いられる場合もある。

飛脚・・・ひきゃく

(意味)発給された書状を送り届ける人物のこと。脚力(きゃくりき)
身分の低い人物、あるいはその家の内情を知らない外部の人物である場合が多い。

 (備考)飛脚は書状の詳細を語れない(内情をよく知らない)ので、急を要する際や適切な使者がいない場合に選ばれた。
リスクとして飛脚が敵方に捕縛されたり、飛脚自身が裏切ることが挙げられる。

戦国時代の書状の後半部分に「猶〇〇申すべく候」などと記される場合が多い。
この場合、〇〇が副状発給者なのか、使者なのか判断が難しい場合がある。
しかし、飛脚であれば「飛脚を差し遣わし候」などとするので判別がしやすい。
「□□差し下し候。〇〇申すべく候」の場合、多くの場合は□□に使者(飛脚ではない)が、〇〇に副状発給者のケースが多い。

なお、書状に「幸便の条、筆を染め候」とある場合、飛脚に書状を託している可能性が高い。
幸便は「幸いそちらへ赴く者がおりますので」とした意味があるからだ。

丸島和洋(2013)「戦国大名の「外交」」講談社参照

比興・非興・・・ひきょう

(意味)
①名ばかりで内実の伴わないさま。取るに足りない人物であること。
②卑しい行為。卑怯なふるまい。
③不都合なこと。
④笑止千万なこと。

披見・・・ひけん

(意味) 先方からの書簡を拝見したこと。
書状を読んだこと。

 (備考)被閲(ひえつ)と同じ意。

畢竟・・・ひっきょう

(意味)結局のところ。つまるところ。結果として。

必定・・・ひつじょう

(意味)必ずそのように決まっていること。
想定した通りのことになること。
決定的なさま。

人返・・・ひとがえし

(意味)戦乱や災害などで他所に移動した従者・百姓を、元の主人・百姓に返還する措置のこと。

 (備考)中世南北朝期以降、領主間でしばしば返せ、返さないといった紛争が問題化していた。
戦国時代に入るとそれが特に顕著で、「法」によってどうするのかを明確に記す場合もあった。
一揆契状に深く関連する。

一廉・一角・・・ひとかど

(意味)ひときわ優れていること。

人々御中・・・ひとびとおんちゅう

(意味)書簡の最後に記す脇付(わきづけ)にあたる部分。
相手に敬意を表すために用いられるもの。
直訳すると「あなた様の側近の方たちへ」。
転じて「私はあなた様へ直接書簡を出せる身分ではありません」といったへりくだったニュアンスとなる。(しかし、戦国時代では対等な立場でも普通に用いられた)

 (備考)他にも机下や草々、穴賢(あなかしく)、かしこ、進之候(これをまいらせそうろう)などがよく登場する脇付。
返書の場合は御報、尊報、尊答、貴報など。

非分・・・ひぶん

(意味)分不相応なこと、理非をわきまえぬこと、無茶なこと。

 (備考)禁制などでよく登場する「非分の」とは、理非をわきまえぬ者という意味で、”兎角の輩“とほぼ同意。

百姓・・・ひゃくしょう

(意味)単に農作業に従事する人という意味だけではなく、非常に幅の広い意味を持つ。それに加え、時代時代によっても少しずつ意味が異なる

無比類・・・ひるいなき・ひるいなし

(意味)比べる対象がないほどすばらしいこと。

披露状・・・ひろうじょう

(意味)書簡を相手に直接宛てるのではなく、その家臣に宛てて送ること。
付状(つけじょう)、伝奏書(でんそうがき)とも呼ぶ。

 (備考)披露状を用いる目的は「私はあなたの主君に直接書簡を差し出せるような立場ではありません。」と非常にへりくだったニュアンスで、厚礼な態度を示すために行った。
披露状では、「恐々謹言」などの書留文言(かきとめもんごん)の前に「宜しく御披露に預かるべく候」などの文言が入ることが多い。
書札礼(しょさつれい)としては非常に厚礼なもの。
こうした披露状は大名の親子間でも行われた。

賦課・・・ふか

(意味)租税などを徴収すること。

 (備考)「棟別銭を賦課する」などと表現する。

不可説・・・ふかせつ

(意味)ひとことでは表せれないほどひどいありさま。まったくけしからぬこと。

 (備考)もとは華厳経の仏典用語。

不日・・・ふじつ

(意味)近日中に。特に日限は設けないが、なるべく早くに。

不実・・・ふじつ

(意味)事実とは異なること。

扶助・・・ふじょ

(意味)困っている人を助けること。援助すること。
また、給金や知行地を与えて召し抱えること。

 (備考)判物(はんもつ)の類に頻繁に登場する用語。
「右、〇〇に於いて扶助せしむるべきものなり」のような形で登場する。

不断・・・ふだん

(意味)いつも、日頃、普段。絶え間がないこと
 (備考)「不」だけの場合は”ふ”ではなく”ず”となる。~にあらず

扶持・・・ふち

(意味)給金や俸禄。「扶持米(ふちまい)」の場合は米。

不知行・・・ふちぎょう

(意味)知行の根拠は有するが、それが実現していない状態

 (備考)
当知行

不忠・・・ふちゅう

(意味)忠誠心が足りないこと
 (備考)「不」だけの場合は”ふ”ではなく”ず”となる。~にあらず

染筆・・・ふでをそめ

(意味)手紙を書くこと。

 (備考)手紙を書く際に筆を墨で染めることから。
冒頭の書き出しで頻繁に登場するいわば定型文。
「態染筆候」(わざと筆を染め候)などがよく登場するパターン。

抛筆・・・ふでをなげうつ・ふでをなげうち

(意味)ここで手紙を書くことをやめること。

 (備考)書簡を出す際に頻繁に用いられたいわゆる定型文。
以下のような表現が多い。


必従是可申展之条、抛筆候、恐々謹言、
 (必ずこれより申し述ぶべきの条、筆をなげうち候。恐々謹言)

  仙台博物館所蔵文書(天正元年)十二月二十八日付織田信長朱印状)』より抜粋

不図、与風、浮図・・・ふと

(意味)何気なく、ちょっとしたことを突然するさま

不人数・無人衆・・・ふにんずう・ぶにんしゅう

(意味)人手が不足していること。兵力が少ないこと。無人数。

 (備考)例文として


「早々御越山此时候、少々無人衆候共、一刻片时も御急ニ極候、」
 (早々御越山、この時に候。少々の無人衆に候へども、一刻片時も御急ぎに極め候。)
  =またとない好機ですので、上杉殿は早々に関東へ越山の上、決戦におよぶべきかと存じます。少々兵が集まらずとも、ここは一刻も早く出馬した方が上分別です。

  米沢市上杉博物館所蔵文書((永禄十一年)十二月二十七日付佐竹義重書状)』より抜粋

無人・・・ぶにん

(意味)人が不足していること。少人数であること。

夫丸・・・ぶまる

(意味)人夫・人足のこと。

賦役・夫役・・・ぶやく

(意味)労働力、雑用のこと。

 (備考)古来より子供や下級の役職名の下に「丸」を付けて呼ぶ風潮があったことから、この名がついたと思われる。

粉骨・・・ふんこつ

(意味)力の限り努力すること

平均・・・へいきん

(意味)平定すること、統一すること。

 (備考)「平均に申しつくべく候」などと使う。

可・・・べく・べき

(意味)ある事柄について、それが可能となるように、あるいは実現されるように

 (備考)古文書頻出単語。「不可」は”べからず”
可申候もうすべくそうろう」=といった具合で用いられる。

別儀・・・べつぎ

(意味)ほかのこと

 (備考)「無別儀」は”べつぎなく”

別而・・・べっして

(意味)とりわけて。ことに。特別に

奉公・・・ほうこう

(意味)主君の為に身を尽くすこと

奉書・・・ほうしょ

(意味)書札様しょさつよう文書の特殊様式。
本来書状を発給するべき当該人の意向を受けて、代理の者が代理人名を署名して発給する文書を広義の意味で奉書と呼ぶ。
この場合、当該人は貴人であることが多い。
書出(かきだし)となる初行からいきなり要件たる本文を書き出し、本文が終わり次第、次行に日付、日付の下に差出書、その次行上段に宛名書を配する形式である。

 (備考)これは中国の隋・唐代のけいじょうという私信の様式から、日本風に独自の発展を遂げたもの。
書状の発給者自らが差出人としてその名を署する直状(じきじょう)とは異なる。
貴人の意向を受けて記す奉書の存在意義は、貴人の責任の所在をあやふやにすること。
あるいは、宛名人と貴人とで社会的身分が著しく開いている場合である。
例えば、天皇が直接武家に対して書簡を出すのは社会的にも私的にも問題があるため、天皇の意を汲んだ側近の女官が記した女房奉書(にょうぼうほうしょ)などである。

鉾楯・・・ほこたて

(意味)干戈を交えること。戦うこと。対立すること。

 (備考)「AB鉾楯之儀」(AとBが互いに干戈を交えておりますが)などと表現されることが多い。

来世ちゃん
来世ちゃん

「な」~「ほ」以外の古文書頻出50音順単語はこちら

  1. 「あ」~「こ」
  2. 「さ」~「と」
  3. 「ま」~「ん」
  4. 古文書解読の基本的な事 返読文字によくある傾向を実際の古文書を例に説明
来世ちゃん
来世ちゃん

その他古文書解読関連記事はこちらになります

  その他古文書関連の記事

タイトルとURLをコピーしました