織田信長家臣団

織田信長家臣団

織田信長家臣団

大河ドラマとなる明智光秀の生涯をなるべく詳しく(4)

主な出来事は、徳川家康の饗応と信長勘気の信憑性、ときは今あめが下知る五月かな、本能寺の変、織田信忠の二条御新造も攻撃する、本能寺の変後の明智光秀の行動、信長・信忠父子の遺体 見つからず、山崎の合戦、明智光秀の最期などです。
織田信長家臣団

大河ドラマとなる明智光秀の生涯をなるべく詳しく(2)

明智光秀の生涯についての第2段。今回のお話は、将軍と信長の対立の中、剃髪して隠居を決意。木戸・田中城築城。河内、大和出陣。石山・今堅田の戦い。将軍家滅亡と明智光秀の出世。浅井・朝倉家滅亡。若江城の戦い。村井貞勝の補佐として政務に携わる。細川藤孝の嫡男・忠興に娘を嫁がせる(細川ガラシャ)などです。
織田信長家臣団

大河ドラマとなる明智光秀の生涯をなるべく詳しく(1)

明智光秀の半生はあまりにも謎が多い。光秀についてはその出自さえ明らかでない。今回は明智光秀の生涯について、明らかになっている部分を重点的に書いていく。類まれなる政治の才、軍略の才をどのように発揮したのか。光秀の幕臣時代。将軍家と織田家の両属時代。そして織田家の重臣として・・・。立身出世を遂げた超有能エリート武将の足跡を追う。
織田信長家臣団

池田恒興 信長を地道に支えた忠臣

信長股肱の家臣で、信長覇業の最序盤から仕えた男。主要な合戦のほとんどに参加し、信長から絶大な信頼を受けて嫡男・信忠を支える。その後荒木村重討伐に活躍し、摂津伊丹城主となり、本能寺の変を迎えた。今回はそんな池田恒興の軌跡を辿る。
織田信長家臣団

林秀貞 織田家宿老の生涯 信長との関係は案外よかった?

家臣団の9人目は「林秀貞」。織田信秀の代からの家老。一度は信長に欺いたものの、その後許されて帰参。主に外交で織田家家老として一番に署名するなど、信長にとって欠かせない家臣であった。そんな彼がなぜ突然追放されたのか。
織田信長家臣団

信長の野望にも登場しない島田秀満 名奉行の知られざる足跡を辿る

信長公の家臣団の8人目は「島田秀満」だ。 前に書いた村井貞勝と共に織田家の奉行として活躍。 信長の野望に登場したことがない為、知名度は低い。 今回はそんな島田秀満の足跡を追ってみる。
織田信長家臣団

織田信包 信長の弟として、秀吉の家来として

信長の弟で一番有名なのが織田信包であろう。しかし、具体的に彼がどういった活躍をしたのかを知る人は少ない。初代丹波柏原藩主でもある。今回は信長や秀吉に影の如く支えた男の生涯に迫る。
織田信長家臣団

村井貞勝 信長だけでなく町人、公家、天皇にまで愛された名奉行

信長のNO.1吏僚として長く京都に駐在し、その才を遺憾なく発揮した人物。公家衆の取次ぎ役として、時には名奉行として才を発揮し、いつしか京都中の町人にいたるまで彼を愛した。今回は地味な内政官・村井貞勝の実績を書き連ねる
織田信長家臣団

滝川一益 誰よりも早く出世したが、悲しい晩年を迎えた武将

信長家臣団の中で最も出世が早く、信長が足利義昭を奉じて上洛するよりも前の時期に、北伊勢攻略を任されている。しかし一益は、信長の有名な合戦の多くに参加できずに、割と地味な戦いを受け持ったため、後輩武将にどんどん出世街道を追い越されてしまった。
織田信長家臣団

佐久間信盛 織田家中ナンバー1の知行からの追放

信長が家督相続期からの重要な家臣であり、尾張統一時代の最も苦しい時代から信長を支え続けた。その後は信長の主要な合戦のほとんどに姿を現し、政治面や外交面でもたびたび名が見える。織田信忠を補佐した後、本願寺攻めの総大将に任命され、実に7ヵ国の兵を動かせる軍団長となった。しかし、思いもよらぬ折檻状が送りつけられ・・・
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました