武田北条今川 甲相駿三国同盟が結ばれた経緯をわかりやすく解説(5)

武田北条今川 甲相駿三国同盟が結ばれた経緯をわかりやすく解説(5)

※今回はVOICEROIDによる解説動画と連動した記事になっています。
いつもとは異なったスタイルとなっていますので、予めご了承ください。

投稿した動画はこちらになります。

・YouTube版

【VOICELOID実況】戦国時代中期 甲相駿三国同盟が結ばれた経緯をわかりやすく解説 後編

ニコニコ動画版

  1. 第一章 駿相同盟、 第二章 今川氏輝の死と花倉の乱
  2. 第三章 甲駿同盟の成立、 第四章 第一次河東一乱~北条氏綱の河東地域侵攻作戦~
  3. 第五章 相次ぐ代替わりで外交関係にも変化が、 第六章 甲相同盟の成立
  4. 第七章 不気味な平穏の中で 第八章 「第二次河東一乱」~今川義元の河東地域奪還作戦~
  5. 第九章 難航を極める和平仲介 第十章 決戦 河越夜戦 ←イマココ
  6. 第十一章 三大名のその後 最終章 甲相駿三国同盟締結

第9章 難航を極める和平仲介

弦巻マキ
弦巻マキ

なんで武田晴信はそこまで北条に肩入れするの?

結月ゆかり
結月ゆかり

これは推測の域を出ないですが、当時の晴信は信濃侵攻へ力を入れていて、極力今川・北条両家とは争いたくなかったのだと思います。
家督を相続して間もない晴信は、妹の嫁ぎ先である諏訪家を滅ぼすなど、信濃の国人衆たちから激しい憎悪の目が向けられている時期でした。

諏訪頼重切腹
諏訪頼重切腹
結月ゆかり
結月ゆかり

晴信は戦略眼にも人を見る目にも長けた人物で、北条氏康というリーダーとは戦いたくない。
是非とも味方につけたいと強く願っていたのではないかと考えられます。

武田晴信の信濃侵攻序盤
武田晴信の信濃侵攻序盤
東北きりたん
東北きりたん

まじかよ。

結月ゆかり
結月ゆかり

なお、晴信は織田信長が家督を相続する前からその才覚を見抜いていた節があります。

弦巻マキ
弦巻マキ

はぇぇ~。すっごい・・・。

東北きりたん
東北きりたん

・・・。

結月ゆかり
結月ゆかり

同年9月に晴信は直に今川義元と対面し、和平についての協議が行われています。

晴信は直に今川義元と対面し、和平についての協議が行われている
晴信は直に今川義元と対面し、和平についての協議が行われている
結月ゆかり
結月ゆかり

その結果、北条氏康は吉原城から兵を退きました。
10月には長久保城からも兵を引き払い、完全に河東地域を明け渡す意思を見せています。

和議成立。北条家が河東地域を完全に手放す
和議成立。北条家が河東地域を完全に手放す

※北条氏綱の代に起きた第一次河東一乱で、真っ先に北条方へ寝返った御宿(みしゅく)氏を自害させることで、双方の面目を立てて和睦を成立させた。

結月ゆかり
結月ゆかり

こうして、武田晴信の仲介により今川-北条間で和睦が成立。
北条家は原点である河東地域を完全に手放すことによって挟撃を免れたのです。

弦巻マキ
弦巻マキ

おおお~。

葛西晴信やるなぁ!

東北きりたん
東北きりたん

武田晴信な。

結月ゆかり
結月ゆかり

北条家は西の敵に集中できるようになりました。
しかし河越城を囲む敵は8万。
とても勝ち目はありません。

第10章 決戦 河越夜戦

結月ゆかり
結月ゆかり

武田晴信の和平の仲介も虚しく、8万の大軍で勢いづく上杉両氏は河越城の囲みを解こうとはしませんでした。

武田晴信の和平の仲介も虚しく、8万の大軍で勢いづく上杉両氏は河越城の囲みを解こうとはしませんでした
武田晴信の和平の仲介を蹴った上杉両氏

※この時代、仲介を受け入れず黙殺するということは、和睦の仲立ちをする大名の顔に泥を塗ることを意味していた。
それ故、和睦を受け入れないという選択は微妙なものだった。
この後、甲斐武田家と上杉両家の同盟関係は解消され、武田晴信は北条氏康と手を組んで上杉憲政(山内上杉氏)と戦うこととなる。

結月ゆかり
結月ゆかり

河越城は半年にも及ぶ包囲にも耐えていましたが、もはや落城寸前でした。

上杉朝定フラグA
愛すべき扇谷上杉家当主・上杉朝定
上杉朝定フラグB
なお上杉朝定はこの時期既に病死していたとする説もある
弦巻マキ
弦巻マキ

え、え?何があったの?

河越夜戦01
河越夜戦(信長の野望大志より)
河越夜戦02
河越夜戦(信長の野望大志より)
東北きりたん
東北きりたん

なんか知らんが流れが変わったっぽい。

弦巻マキ
弦巻マキ

イイハナシダッタナー。

結月ゆかり
結月ゆかり

いやいや、これからですよ。

東北きりたん
東北きりたん

8万の大軍に勝てるわけないやん。

河越夜戦03
河越夜戦(信長の野望大志より)
武田北条今川 甲相駿三国同盟が結ばれた経緯をわかりやすく解説(5)
河越夜戦(信長の野望大志より)
河越夜戦04
河越夜戦(信長の野望大志より)
結月ゆかり
結月ゆかり

天文15年(1546)4月20日。
北条氏康は自ら8000の兵を率いて出陣。
部隊を4つに分け、子の刻(午前0時くらい)に決死の奇襲を敢行します。

河越夜戦05
河越夜戦(信長の野望大志より)
結月ゆかり
結月ゆかり

これに呼応して河越城からも出撃し、

河越夜戦06
河越夜戦(信長の野望大志より)
河越夜戦07
河越夜戦(信長の野望大志より)
結月ゆかり
結月ゆかり

上杉朝定難波田憲重本間江州倉賀野行政らは討死。

河越夜戦08
結月ゆかり
結月ゆかり

上杉憲政足利晴氏は命からがら逃げ帰るという大戦果を挙げたのです。

東北きりたん
東北きりたん

勝った勝った!

結月ゆかり
結月ゆかり

これはのちに日本三大奇襲の一つと讃えられます。

日本三大奇襲・・・とは
日本三大奇襲・・・とは
弦巻マキ
弦巻マキ

まじかよ。
氏康もすごいけど、半年も籠城して耐えた奴もすげえな。

結月ゆかり
結月ゆかり

そのすげえ奴こそ、前編に亡命を受け入れた福島正成の子・北条綱成なのです。

関東地方に武名を轟かせた北条綱成
北条綱成(つなしげ)

北条氏綱の娘を娶り一門格となる。
北条氏康と共に関東の野を駆け抜け、その勇猛さから地黄八幡(じきはちまん)と恐れられた。

弦巻マキ
弦巻マキ

やりますねぇ!

東北きりたん
東北きりたん

・・・。

弦巻マキ
弦巻マキ

でもおかしいな…。
私も野球見てるとき、7回の時点で「勝った勝った!」って叫んでいつもお風呂入るけど、戻ってきたらけっこう逆転されてるんだよね。

                H E 
きいろしましま:000 310 000 7 2 4
おれんじうさぎ:000 000 07× 9 0 7

河越夜戦09
結月ゆかり
結月ゆかり

・・・。

東北きりたん
東北きりたん

・・・それ、フラグやで…。

※河越夜戦以後、反北条連合軍の勢いは弱くなり、氏康は関東へと勢力を伸ばします。


  1. 第一章 駿相同盟、 第二章 今川氏輝の死と花倉の乱
  2. 第三章 甲駿同盟の成立、 第四章 第一次河東一乱~北条氏綱の河東地域侵攻作戦~
  3. 第五章 相次ぐ代替わりで外交関係にも変化が、 第六章 甲相同盟の成立
  4. 第七章 不気味な平穏の中で 第八章 「第二次河東一乱」~今川義元の河東地域奪還作戦~
  5. 第九章 難航を極める和平仲介 第十章 決戦 河越夜戦 ←イマココ
  6. 第十一章 三大名のその後 最終章 甲相駿三国同盟締結

なお、本動画はこちらになります。

【VOICELOID実況】戦国時代中期 甲相駿三国同盟が結ばれた経緯をわかりやすく解説 前編

【VOICELOID実況】戦国時代中期 甲相駿三国同盟が結ばれた経緯をわかりやすく解説 後編

コメント

タイトルとURLをコピーしました