6.信長以外の歴史系記事

【ルイセンコ学説】ロシア(旧ソ連)で生まれた悲劇を分かりやすく解説

今回はロシア(旧ソ連)で生まれた一人の科学者によるある学説が、強力な指導者の後ろ盾を得て、多大な被害をもたらしたお話をします。科学的根拠の弱い学説がなぜ共産党に支持され、アカデミーの頂点に長年君臨できたのか、それが世界にどのような影響を及ぼしたのかを、科学用語をなるべく使わず、分かりやすく解説します。
4.織田信長家臣団

信長の野望にも登場しない島田秀満 名奉行の知られざる足跡を辿る

信長公の家臣団の8人目は「島田秀満」だ。 前に書いた村井貞勝と共に織田家の奉行として活躍。 信長の野望に登場したことがない為、知名度は低い。 今回はそんな島田秀満の足跡を追ってみる。
織田信長が出した古文書

美濃攻略!織田信長の楽市・楽座政策の真相

今回は信長が稲葉山城を攻め落とした直後の時代。稲葉山城下である「加納に出した制札」の解読をします。古文書の読み方と共に、加納に楽市・楽座令が実施されたことによって、どのような影響を与えたのかご説明します。
1.古文書

古文書解読の基本的な事 よく出る単語編 五十音順「な」~「ほ」

こんばんはー! 今回は古文書解読編 基礎の第3段目。 自分がこういうサイトがほしい~と思っていた 部分を凝縮しました^^ 何かの参考になれば幸いです。
織田信長が出した古文書

【古文書から読み解く】浅井長政討伐に燃える織田信長の決意と意気込み

姉川合戦の約1か月前のこと。信長は浅井・朝倉連合軍との決戦を決意し、領国中から大規模な出陣動員令を下す。この時の書状が、美濃の国人である遠藤慶隆、胤俊宛てで残っており、そこから決戦への信長の決意と意気込みが読み取れる。
2.織田信長の年表ちょっと詳しめ

織田信長の年表ちょっと詳しめ 血戦 姉川の戦い

永禄13年(1570.1)から元亀元年(1570.7)までとなっております。この間の主な出来事は、五ヶ条の条書、浅井長政謀反、金ケ崎撤退戦、信長狙撃事件、落窪合戦、姉川の合戦などです。
1.古文書

古文書解読の基本的な事 よく出る単語編 五十音順「さ」~「と」

こんばんはー! 今回は古文書解読編の基礎の第2段目。 自分がこういうサイトがほしい~と思っていた 部分を凝縮しました^^ 何かの参考になれば幸いです。
1.古文書

古文書解読の基本的な事 よく出る単語編 五十音順「あ」~「こ」

今回は古文書解読編の基礎ということで 自分がこういうサイトがほしい~と思っていた 部分を凝縮しました^^ 何かの参考になれば幸いです。
3.織田信長の合戦や外交の詳細記事

堂洞城の戦い 戦の功名と八重緑の悲劇

織田信長が進める美濃攻略の大きな契機となった堂洞城の戦い。あまり有名な戦いではないが、中濃で一番の激戦が繰り広げられ、鉄の結束を誇ってきた斎藤家は、これ以後衰退の一途をたどるのである。
4.織田信長家臣団

織田信包 信長の弟として、秀吉の家来として

信長の弟で一番有名なのが織田信包であろう。しかし、具体的に彼がどういった活躍をしたのかを知る人は少ない。初代丹波柏原藩主でもある。今回は信長や秀吉に影の如く支えた男の生涯に迫る。
タイトルとURLをコピーしました